日本シリーズ彷彿…ソフトバンク10得点で巨人に圧勝

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク10-2巨人(10日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが前半で試合を決め、巨人に大勝した。

 初回にバレンティンの3ラン、松田宣のソロで2者連発など、無死から5連打の猛攻で5点を先制した。3回に甲斐の2点二塁打でリードを拡大。4回に松田宣が2打席連発となる3ランを放つなど、この回途中で巨人先発の戸郷を降板に追い込んだ。

 投げては先発ムーアが5回で6三振を奪い、2安打無失点の好投。9回に森が中島に2ランを浴び2点を返されたが、そこまでだった。

 昨季の日本シリーズはソフトバンクが巨人を4勝0敗でスイープ。ソフトバンクは巨人に対し、交流戦優勝を決めた同最終戦から数えて“6連勝”となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ