故障者続くソフトバンク 川島が左脇腹痛で離脱 工藤監督「早く治して」

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクは10日、川島慶三内野手(36)が「左内腹斜筋損傷」と診断されたと発表した。違和感を訴えて紅白戦に出場しなかった9日、福岡市内の病院で磁気共鳴画像装置(MRI)による検査を受けた。11日からリハビリ組で調整する。工藤監督は「彼はチームにとっては貴重な戦力でもありますし、チームを盛り上げてくれる一人でもある。早く治して戻ってきてほしい」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ