東京五輪「上野の1球」からスタートか 競技日程を発表

西日本スポーツ

 今夏の東京五輪で金メダル獲得を目指すソフトボール女子日本代表の初戦の相手がオーストラリアに決まった。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が12日に競技日程を発表したもので、7月22日に福島県営あづま球場で行われる開幕戦の日本-オーストラリアは午前9時開始。日本にとって最大のライバルとなる米国は正午からの第2試合でイタリアと対戦する。

 ソフトボールは同24日の開会式に先立ち、全競技を通じて最初に始まる。開幕戦の日本はホームチームとなり、後攻めのため1回表は守備からスタート。2008年北京五輪で日本の金メダル獲得に大きく貢献したエース上野由岐子(ビックカメラ高崎)は4月3日に発表予定の代表15人のメンバー入りが確実となっている。仮に開幕戦に先発すれば、「上野の1球」から東京五輪の火ぶたが切って落とされることになる。なお、7月22日は上野にとって38歳の誕生日でもある。

 ソフトボールは世界ランキング2位の日本や同1位の米国のほか、オーストラリア、カナダ、イタリア、メキシコの6カ国で争われ、総当たりの1次リーグで1位と2位が同28日午後8時プレーボールの決勝(横浜スタジアム)に進む。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング