ソフトバンク0-5からひっくり返した!上林がリチャードが佐藤が躍動

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク10-5広島(13日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクは途中出場の若手が活躍して序盤の5点差をひっくり返した。

 3回表を終わって0-5。3回裏に中村晃の適時打で1点、4回に広島先発の大瀬良が2与四球など乱れたところを突き1点差まで追い上げた。

 4-5の7回、先頭の上林が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁、その後相手の失策などで生還し同点。無死一、二塁で育成のリチャードが左翼に勝ち越しの二塁打を放った。なお1死二、三塁でルーキー佐藤が低めの球を左翼に運び加点。佐藤はその後、二塁から一気にホームへ戻り持ち味の俊足でもアピールした。

 体調不良もありファームで調整していた上林はこの試合が2月23日以来のオープン戦出場。支配下入りを目指すリチャード、新人での開幕1軍を目指す佐藤ら期待の若手が快音を残すたびにベンチから歓声が上がり、チームは結局13安打10得点で大勝した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ