ソフトバンク高谷2020年初安打「出ないより出た方が」打点もついた

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 ソフトバンク4-4広島(14日、ペイペイドーム)

 ベテラン高谷が今春のオープン戦初安打となるタイムリーを放った。

 7回の守備から九鬼に代わって出場すると、7回1死二塁で一岡が2球続けた直球を捉え、右中間を破る適時二塁打。

 オープン戦はこれで3打席と打席に立つチャンスは多くないが、結果を残して「出ないより出た方がいいからね。良かったよ」と笑った。

 今春は前日まで紅白戦6打数、練習試合1打数、オープン戦2打数無安打で、これが今年の実戦初安打。打点は今オープン戦初めてで、2月の春季キャンプ中の紅白戦で1打点があった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ