五輪延期論の中…競歩の代表選考会 コロナ余波で中止の大会から転じた選手も

西日本スポーツ

 東京五輪代表選考会を兼ねる全日本競歩能美大会(15日・石川県能美市)に出場する男女の有力5選手が14日、同県小松市内で会見した。

 男子50キロ五輪代表の鈴木が、新型コロナウイルス感染拡大でくすぶる東京五輪の開催延期論について「私たちはコントロールできない。五輪が今年、予定通りあるという気持ちで臨んでいる」と静かに受け止めた。

 当初は調整の一環として全日本競歩輪島大会(4月)の10キロに出る予定だったが、感染拡大の影響で中止に。急きょ20キロの今大会出場を決めた。

 今後も調整面での難しさが想定されるが「東京五輪に向けて状態を上げることを意識すれば何の問題もない」と焦りはなかった。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング