湯川イン逃げ快勝 準優11R 秩父宮妃記念杯 【びわこ】

西日本スポーツ

 びわこボートの第63回結核予防事業協賛G2「秩父宮妃記念杯」(優勝賞金450万円)は15日、準優を勝ち上がった6人が最終12Rで優勝戦を争う。5日目の準優3番は、1枠トリオがそろって優出成功。10Rは広瀬将亨が逃げて優出一番乗り。巧みに展開を捉えた菊地孝平が混戦の2着争いを制した。11Rもインから逃げた湯川浩司に、久田敏之がカドから続いて人気筋での決着。ただ最終12Rは地元の丸野一樹が、枠なり2コースから差して快勝。1枠の魚谷智之は猛烈な追い上げで何とか2着を確保した。この結果、ファイナル1枠は湯川。抜群の伸びを武器に大会初制覇を狙う。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ