【クローズアップ】菊地 方程式を完成させる

西日本スポーツ

 準優10R、1周BSでは4番手だった菊地孝平(41)=静岡=だが、「前が競っていたおかげ。ごちそうさまですって感じ」と、好展開に恵まれた2Mで内をすくって逆転の2着。ツキも味方に優出を決めた。

 「毎年、この時期は調整が分からなかったが、例年になくいい流れできている」。契機は浜名湖周年。低調機を立て直しただけでなく「満足せずにその先の扉を開きにいったことで光が差した」と、成績以上の手応えを得てシリーズを終えた。蒲郡地区選ではV戦1枠で優勝を逃したが、「浜名湖の調整が生かせた。悔しさはあるが自信もついた」と、予選首位通過した点には一定の評価を与える。

 そして、多摩川周年でG1Vと結果を残した。「数学じゃないから答えがひとつじゃないけど、正解にたどり着くための調整の方程式が増えている」。「納得した状態で走りたい」というポリシーを実現する確率を上げてきている。

 準優の調整には「方向性を決めていたのに、行き切れなかった。思い切ってやりたい」と悔いを残す。「回り足や乗り心地はずっといい。チャンスがあればつかむ準備はしていく」と調整だけでなく、頂点までの方程式を完成させる。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング