ソフトバンクいだてん周東でも「キツかった」小学校以来のランニング弾

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 広島0-6ソフトバンク(15日、マツダスタジアム)

 途中出場のソフトバンク周東がランニング本塁打でオープン戦2号を記録した。

 6回1死、広島の3番手高橋樹の直球を完璧に捉えた打球は中堅手西川の頭上を襲い、腕を伸ばした西川のグラブに当たって右翼方向へ転々。「三塁までは行けると思った」という「いだてん」は一気にスピードを上げ、生還した。「(ダイヤモンド1周は)めっちゃキツかった。(ランニング本塁打は)小学校以来ですね。今日はしっかり振ることを心掛け、実践できました」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ