ソフトバンクのドラ1佐藤「第2の故郷」で活躍 元職場の駅長にもあいさつ

西日本スポーツ

 ◆オープン戦 広島0-6ソフトバンク(15日、マツダスタジアム)

 ソフトバンクのドラフト1位ルーキー佐藤が“第2の故郷”で成長した姿を披露した。

 2番中堅でスタメン出場。初回1死から四球を選んで、すかさず二盗に成功。好機を広げ、中村晃の適時打で先制のホームを踏んだ。8回は右前打も記録し、守備も無難にこなした。社会人時代はJR西日本に所属し、広島駅に勤務。14日夜に広島入りした際に同駅長らにあいさつしたという21歳は「走る方では思ったより自分の力を出せたかな」と笑顔を見せた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ