競歩・古賀友太が大健闘、派遣記録突破 五輪切符の女子・藤井から刺激

西日本スポーツ

 東京五輪代表選考会を兼ねた陸上の全日本競歩能美大会は15日、石川県能美市の日本陸連公認コースで行われ、20キロの男子は池田向希(21)=東洋大=が1時間18分22秒で初優勝して日本陸連が定めた条件を満たし、初の五輪代表に決まった。

 福岡・大牟田高出身の古賀友太(明大)が男子20キロで健闘した。ハイペースの先頭集団に残り3キロまで食らいつき、五輪派遣設定記録(1時間20分0秒)を突破する1時間18分42秒の自己ベストで4位。優勝した池田と20秒差で、併催の日本学生20キロ選手権では2位だった。「五輪代表に決まらなかったのは悔しいけど、トップとの差は一番少なく自信がついた」と胸を張った。

 同じ福岡県出身で20歳の藤井が五輪代表に決定。古賀は「彼女は世界を相手にしても物おじしない。来年の世界選手権は一緒に出たい」と刺激を受けていた。

PR

陸上 アクセスランキング

PR

注目のテーマ