ソフトバンク甲斐野、開幕延期「プラスと思って」指先に意識集中

西日本スポーツ

 右肘靱帯(じんたい)の一部損傷でリハビリ中のソフトバンクの甲斐野はベース間の距離で指先の感覚を磨いている。

 2月に自身の血小板を注入して組織修復する「PRP注射」を受け、3月12日にキャッチボールを再開。投球は山なりながら「指にかかった質の高いボールを投げられるように」と腕は強く振らずとも指先に意識を集中させている。患部の痛みは徐々に和らいでおり、開幕日が不透明となっている中で「(自分にとって)プラスの時間と思って、貪欲に(リハビリを)していきたい」と話した。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ