「モーターボート誕生祭」PR隊本社来訪 大村ボート

西日本スポーツ

 大村ボート(長崎県大村市)で24~29日に開催する、G2「第23回モーターボート誕生祭(ナイター)」のPR隊(大村市競艇企業局企画課・池田辰也課長補佐ら)が17日、福岡市・天神の西日本スポーツを訪れた。

 九州地区選2連覇中の地元・桑原悠をはじめ52人が出場予定。初日12Rの「発祥地ドリーム」には桑原、重成一人、中島孝平、丸岡正典、平本真之、篠崎仁志が、25日12Rの「カステラドリーム」には寺田祥、山口剛、長田頼宗、岡崎恭裕、新田雄史、木下翔太が出場を予定している。

 ファン向けに多彩なキャンペーンを用意。電話投票サービス「マイルクラブ大村24」に新規入会すると現金500円、さらに電話投票で1000円以上大村ボートの舟券を購入すると追加で500円を進呈(31日まで)。同クラブ会員限定で、もらえるマイルが3、5倍になる電話投票キャンペーンも実施する。また期間中、パチプロライターでユーチューバーの「ういち」などが登場し、予想や舟券の買い方を伝えるライブ配信もある(大村ボートの公式チャンネルで視聴可)。

 池田課長補佐は「新型コロナウイルスの影響で、今は無観客レースが続いていますが、再開したら本場にも足を運んでもらえればうれしいです」と話した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ