西武山川「大谷の次に飛ばす」まな弟子SBリチャードへの驚き明かす

西日本スポーツ 小畑 大悟

 3年連続本塁打王を狙う西武の山川穂高内野手(28)が17日、支配下選手登録されたソフトバンク・リチャードの活躍に太鼓判を押した。2年続けて沖縄自主トレでともに汗を流したまな弟子を祝福。1軍での“直接対決”を心待ちにしていた。

 支配下選手登録が決まると、すぐに連絡を受けたという。山川は「パワーだけなら今の球界でもナンバーワンじゃないですか。これまで見た中でも僕の中では大谷(エンゼルス)の次に飛ばす。支配下になるだろうなと思ってみていた」とうなずいた。

 一昨年の12月に初めて対面。「(体が)でかかったけど、打撃はめちゃくちゃでそりゃ、打てないと思った」と振り返った。自主トレでは一緒にバットを振り込んだ。「詰まってもホームランになる。飛ばす力を持っているのは圧倒的に有利。将来は4番になるんじゃないかな」と期待した。

 「支配下になって、やっとスタート。ここからは自分の力で一皮むけてほしい」とエールを送った。この日はメットライフドームでのナイター練習に参加。新しくなったLED照明を確認しながら快音を響かせていた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ