JFAハウス騒然、報道陣退去 田嶋会長が新型コロナ陽性

西日本スポーツ 松田 達也

 新型コロナウイルスの感染拡大に揺れる日本スポーツ界に激震が走った。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長(62)が17日、新型コロナウイルス検査で陽性と診断された。同会長は国際サッカー連盟(FIFA)の理事や日本オリンピック委員会(JOC)の副会長を務めるなど、国内外のスポーツ団体の要職を担っている。同協会を通じて「元気です」とコメントを発表したものの、2月下旬から3月上旬にかけ、欧州や米国に視察。帰国後は国内で複数の会議に出席しており、影響が広がるかは現時点では未知数だ。

 想定外の緊急事態に日本サッカー協会が事務所を置くJFAハウスが揺れた。17日、Jリーグ理事会が開催され、午後5時ごろに村井満チェアマンが出席して会見が開かれる予定だった。だがJリーグ側が「新型コロナウイルスの感染者がいる疑いがある」として急きょ中止。会見場で待機していた報道陣は騒然となった。報道陣の退去を促し、ウェブを利用した記者会見への切り替えが伝えられた。その後に田嶋会長が陽性と診断されたと発表された。

 田嶋会長は午後7時ごろ、日本サッカー協会を通じて発表したコメントで欧米へ視察に出向いた行動履歴や症状も詳細に明かした。15日に微熱があり、16日には東京都文京区の保健所に相談。精密検査の結果、17日午後に陽性反応が出たという。発症日は14日と診断されており、田嶋会長は「14日にセルビア協会会長の感染をネットで知った。近くにいたことは覚えているが、このことが原因かは分かりません」としている。

 会議などの出席のため2月28日から海外出張。北アイルランド(英国)のベルファストで開かれた国際サッカー評議会(IFAB)年次総会に出席し、3月2日にオランダのアムステルダムを訪問した。同5日には米国に回り、サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の親善試合を視察し、同8日に帰国したという。「3月初頭のアムステルダム、ヨーロッパでは新型コロナウイルスに対して現在程の緊張感はなく、皆さん、ハグ、握手、ビズなども行っている状況でした」とコメントで明かした。

 現在の症状については「肺炎の症状もあるそうですが、元気です」と説明。感染拡大の影響について、「発症日の14日までは濃厚接触とならないとのことですが、立ち寄った各所の皆さまにご心配をおかけして、本当に申し訳ない」とわびた。また、今後については「医師の指示に従い、治療に専念する」とした上で「この疾病と向き合うことで、新型コロナウイルスに対する偏見をなくしたりすることに貢献したい」と思いを明かした。

 コロナ禍は日本サッカー界のトップの感染という事態に発展した。JOCでも副会長という要職に就く。田嶋会長は「オリンピック、全てのスポーツが日本、世界中で安心して行えることを祈っています」としているが、五輪やパラリンピックなど、さまざまなところに影響が及ぶ可能性が出てきた。 (松田達也)

PR

サッカー アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング