西武2位浜屋が「開幕投手」 ニール回避で絶好機到来

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武のドラフト2位の浜屋将太投手(21)=三菱日立パワーシステムズ=が19日、本番モードで“開幕投手”に挑むことを宣言した。

 本来の開幕日だった20日に日本ハムとの練習試合(メットライフドーム)で先発予定。主砲の中田の内角を容赦なく攻める覚悟だ。

 練習試合とはいえ、アピールの絶好機。80球程度を投げる予定で「ストライク先行を一番に、5回から6回ぐらい投げたい」と力を込めた。同一リーグ相手に力量を試されるだけに、中田にも「外ばかりだと踏み込まれる。しっかり内も突いていく」と挑む。

 開幕投手に決まっていたニールが体調不良で20日の登板を回避することになり、巡ってきた先発機会。「ニールさんがこういう状況だったのでいいチャンスが回ってきた。先発は一番やりたいポジション。チャンスをものにできるように結果を出したい」。左腕は開幕ローテ入りもうかがっている。

 この日の全体練習ではブルペンで軽めの投球も行った。西口投手コーチは「どれぐらい投げられるのかを見たい。先発か中継ぎかを考える時間もある」と今後の先発起用の可能性も示唆。無観客の本拠地での寂しい“開幕戦”を、ルーキーが実りあるものに変える。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ