王会長、16球団への拡張は「目指せばみんな目の色変わる」具体案も

西日本スポーツ

 福岡ソフトバンクの王貞治球団会長(79)が19日、プロ野球を16球団にする案について改めて言及した。

 ペイペイドームでの全体練習時に、報道陣に対応。「若い人のチャンスが広がると思うし、フランチャイズにもできる」。少子化で野球人口が減る中、裾野を広げ、高校、大学、社会人からプロ野球を目指す選手の可能性を広げることにつながると強調した。

 王会長は米メジャーリーグ30球団の下部組織で、マイナーリーグ(160チーム)を例に挙げ「自分たちの街の野球として、根付いていると思う。高い給料ではないと思うんだけど、そこそこ(球団は)ペイしているらしいしね」と説明。その上で「16球団にするためには底辺を広げることが大事。その中から、条件をクリアしたチームが上がるとかね」と構想を語った。

 一方で、現状については「一気に16にはならない。目指すかどうか。今は目指していない。目指せば、みんな目の色が変わる。簡単なことじゃないけどね」と分析。「どういうところを目指すか。今、開幕日が決まっていないのと一緒だよ。簡単なことではないだろうけど」とも口にした。

 王会長は1月のテレビインタビューで16球団構想を語り、ソフトバンクの宮崎春季キャンプを訪れたNPBの斉藤惇コミッショナーとも意見交換をしている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ