跳ぶ、スクワット、鳴り物、旗は「×」 サメダンス要検討/応援リスク評価

西日本スポーツ

 日本野球機構(NPB)とサッカーJリーグが設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」で12日に専門家チームが感染拡大防止へ提言を行った。応援スタイルのリスク評価例は以下の通り。

▽感染リスク高(×)

×ジェット風船応援(飛沫感染リスク)

×肩組み、飛び跳ねなど集団での動きの伴う応援(接×感染リスク)

×立ったり座ったりを繰り返す集団での動きの伴う応援(接触感染リスク)

×指笛の応援(飛沫感染リスク)

×トランペット・ホイッスル等の鳴り物応援(飛沫感染リスク)

×メガホンを打ち鳴らしながらの声援(自然に歓声が大きくなる)(飛沫感染リスク)

×ビッグフラッグ応援(旗の下で多数が密集状態で旗を動かす)(接触感染リスク)

×ビッグプレー、ファインプレー等での観客のハイタッチ(接触感染リスク)

×両手をメガホン代わりにした大声での声援、応援(飛沫感染リスク)

×フラッグ応援(多数が新聞紙大の手旗を振る)(接触感染リスク)

▽感染リスク「中」(▲)

▲応援団による声の指揮による歌唱+拍手応援(自席で手をたたき歌う程度)

▲応援団の太鼓リードによる声援、拍手

▲プレーの度の拍手や通常の声援(両手をメガホン代わりに使わない)

▽感染リスク要検討

 サメダンス応援(両手の手のひらを上下に合わせる)

 応援タオルを回す、応援タオルを横に広げて左右に振る

PR

プロ野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ