4戦3勝稲田得点率トップ ボートレースクラシック 【平和島】

西日本スポーツ

 今年最初のSG戦、平和島ボート(東京)の第55回ボートレースクラシックは20日、予選最終日の4日目を迎える。3日目まで4戦3勝と快調に稼ぐ稲田浩二が得点率トップに立った。成績通りに機力も抜群。自身初のSG準優1枠へ、4日目の2走は2、6枠。2位で続くのが同じく初の絶好枠を目指す地元の永井彪也で、こちらは4、6枠。この両者を3位タイからにらむのが、ドリームでワンツーだった石野貴之と毒島誠。ともに大した足ではないだけに、Vのためには枠番の優位性は確保しておきたく、いかにして上位2人を逆転するのか、4日目の立ち回りに注目。ボーダー付近も、16位タイに得点率6.00で6人がひしめくなど激戦ムードが漂う。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング