鳥栖社長破綻を完全否定、チームに給与確約も…新スポンサーが契約保留

西日本スポーツ 末継 智章

 J1サガン鳥栖を運営するサガン・ドリームスの竹原稔社長は19日、クラブの財務状況について「破綻は100パーセントない」と語った。2018年度決算でJ1ワーストの5億8100万円の赤字を出し、19年度も赤字の見通し。昨季限りで主要スポンサーが撤退して経営が厳しくなった上、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うJリーグの中断が長引いて入場料収入が滞り、一部で存続の危機を報じられた。

 竹原社長は既に年間指定席のチケットが約3億円分売れ、一定のスポンサー収入も入ってきていることなどから「9、10月までリーグが再開されないと厳しいが、資金がショートする恐れはない。調達の道筋はできている」と強調。リーグから融資を受ける代わりに勝ち点10を剥奪される「リーグ戦安定開催融資制度」を活用する考えもないという。チームには同日の練習前に説明。給与の遅配や削減はしないことを確約し、不安を抱かないように呼び掛けた。

 複数の新たな主要スポンサーと契約間近ながら、経済の先行きが不透明なためにサインを保留されているという。佐賀県内では13日に初の感染者が確認されたばかりで「外的要因が多すぎて、予測がつかない面もある」と不安ものぞかせた。

 Jリーグの村井満チェアマンは、19日の臨時実行委員会後の記者会見で鳥栖について「どれぐらいの状態なのか細かい調査をしている段階」と語るにとどめた。理事会などの議題にも挙がっていないという。 (末継智章)

PR

サガン鳥栖 アクセスランキング

PR

注目のテーマ