ソフトバンク上林が死球で転倒、背中に148キロ直撃

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-ロッテ(20日、ペイペイドーム)

 ソフトバンク上林が死球を受け転倒した。

 2回1死、2ボール2ストライクから右腕・古谷の投じた148キロが背中の真ん中を直撃。背中のほうから倒れ込み、あおむけのまま動かなかった。

 トレーナー、コーチが駆け寄ったが大事には至っておらず、やがて起き上がって一塁へ。そこから二盗に成功、さらに栗原の中前打で生還と、死球の影響を感じさせず駆け回った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ