森福允彦氏が野村克也さんの教え振り返る「でなければ投手じゃない」

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-ロッテ(20日、ペイペイドーム)

 元巨人の森福允彦氏(33)が古巣ソフトバンク戦のテレビ中継でゲスト解説に臨んだ。

 左の中継ぎとして活躍し、ソフトバンク、巨人でプレーして昨季限りで引退。この日、福岡のKBC九州朝日放送にゲストで招かれた。

 放送中、社会人シダックス時代の監督で、今年2月に他界した野村克也さんの話題に。その教えを「やっぱりコントロールですね。ピッチャーはコントロールだと。10球中6球ストライク取れなかったらピッチャーじゃないと言われました」と振り返った。

 「困ったら『原点』の外真っすぐ。一番、長打がないボールなんだからと。その原点に100球投げる練習とか、いろんなことを教えてもらいました」。プロ入り後も楽天監督だった野村さんと会うたび、たびたび叱咤(しった)激励を受けた。そんな恩人にあらためて感謝を述べていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ