西武ドラ2浜屋「収穫なかった」先発チャンスで苦投

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武-日本ハム(20日、メットライフドーム)

 西武のドラフト2位の浜屋将太投手(21)=三菱日立パワーシステムズ=が先発し、4回を被安打4の1失点で降板した。

 1点リードの2回に四球と連打で1死満塁のピンチ。ビヤヌエバに押し出し四球を与えたが、宇佐美を二ゴロ併殺打で最少失点にとどめた。

 3、4回も走者を背負いながら粘りの投球。降板後、「変化球も真っすぐも球が上ずって、修正できなかった。ボール、ボールと本来の投球じゃなかったので、収穫はなかった。粘り強くいけたのは良かったけど。先発は一番やりたいポジション。今日駄目だったけど、もっとアピールしていけたらいい」と振り返った。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ