156キロも実感なし、底知れぬソフトバンク古谷0封 四球で崩れず

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク4-2ロッテ(20日、ペイペイドーム)

 古谷がMAX156キロの真っすぐを軸に2回を無安打無失点と好投した。

 6回から2番手で登板。先頭の菅野を遊ゴロに仕留め、続く藤岡への3球目でこの日の最速を記録した。

 6、7回と1四球ずつ与え走者を背負っての投球となったものの崩れず、後続をきっちり断った。「感覚的に(156キロ)は出ていないと思った。それでも出たのはいい状態なのかなと思う」と手応えを得た様子だった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ