ソフトバンク二保7回1失点、猛アピールも福田秀に被弾「いけない」

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク-ロッテ(21日、ペイペイドーム)

 先発ローテーション入りを目指す二保が、7回1失点の好投でアピールに成功した。

 初回、昨年までのチームメートでロッテにフリーエージェント(FA)移籍した福田秀に、低めのチェンジアップを捉えられて先頭打者アーチを浴びたが、後続は断った。2回に招いた2死一、二塁のピンチでは、藤岡を遊ゴロに仕留めて脱した。

 3回以降は危なげない投球を見せ、106球を投じ7安打5奪三振。「先頭バッター(福田秀)に対して、勝負球が一番甘い球になってしまった。3球勝負は悪くないけど、2球目よりも甘い球にしてはいけないと思う。先制点が試合を決めてしまう場合もあるのでしっかり反省したい」とした上で「2回以降は、ストレートを多めに使ってバッターを上手く打ち取ることができた。球数も投げることができたし、全体的には自分らしい良い投球だったと思います」と振り返った。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ