ソフトバンク9回逆転サヨナラ勝ち!工藤監督作戦成功 ロッテに4連勝

西日本スポーツ

 ◆練習試合 ソフトバンク3x-2ロッテ(21日、ペイペイドーム)

 ソフトバンクが9回に逆転サヨナラ勝ちした。

 先発二保は初回先頭打者の福田秀に先制ソロ被弾。それでも2回にバレンティンがロッテ種市からソロを放ち、追いついた。

 その後の二保は要所を締め、7回を1失点。8回に登板した嘉弥真が2死二塁から中村奨に適時打を許し、1点を勝ち越された。

 8回まで散発3安打に抑えられた打線が9回に奮起した。先頭三森がセーフティーバントで三塁内野安打。続く周東のバスターエンドランも決まり無死一、三塁。ベンチの工藤監督は笑顔を見せた。

 周東が二盗を決め無死二、三塁。柳町が四球で無死満塁。途中出場の佐藤が同点中前打。最後はバレンティンへの代打栗原が右中間へサヨナラ打を放った。

 ソフトバンクは昨季ロッテに8勝17敗と苦手にしていたが、今春は2月の練習試合から4戦4勝となった。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ