西武投手陣の悪い癖…期待の2年目ドラ1松本に辻監督「それじゃダメ」

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武4-7日本ハム(21日、メットライフドーム)

 四球で走者をためて痛打を浴びる。昨年、西武投手陣が繰り返した“悪癖”が顔をのぞかせた。

 1点リードの4回。松本は1死から2者連続四球を与え、ビヤヌエバに左越え逆転3ランを浴びた。フルカウントからの真っすぐが甘く入った。「内角に投げ切れたら、違った結果になったかもしれない。自分の力不足」と唇をかんだ。

 3回まで無失点。4回、四球を与えたことでフォームが狂ったという。「走者を警戒しながら体が突っ込んでしまい、リリース(ポイント)がずれた。修正できずにズルズルいってしまった」と悔やむ。

 ルーキーイヤーだった昨季は肺炎のため開幕直前に無念の離脱。今季はニール、高橋光とともに開幕ローテーション入りを確定させた。「昨年の悔しさを持ちながらしっかり準備をしていきたい」と前を向いた。

 辻監督は「3回までは安定していた。(4回は)切れがなかった。100球を超えているわけじゃないので、それじゃ駄目」と注文を付けた。

 松本自身も「3回までは落ち着いて自分の投球ができた。先発なのでしっかりイニングを投げたい」と語る。収穫と課題を開幕後に生かす。(小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ