“3連続”ならず 石野「仕方ない」

西日本スポーツ

 予選トップ通過の石野貴之は準優12R、坂口周のまくりに沈んで3着。前本泰和の前付けもあり、Sはやや深い起こし位置。「Sは少し様子を見たが、放らなくても厳しかったかも」。相手は自身が節一評価していた坂口だっただけに「(勝てる可能性は)半々だったと思う」と、淡々と振り返った。SGは昨年のチャレンジカップ、グランプリと2大会連続優勝中で、“3連続”の偉業は目前だったが「仕方ない。また頑張ります」と話した。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ