西武松坂「代名詞」封印 ノーワインドアップで2回まで3失点

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武-日本ハム(22日、メットライフドーム)

 先発した西武の松坂大輔投手(39)は2回まで3失点の立ち上がりだった。「代名詞」といえるワインドアップを封印して、走者のいない場面ではノーワインドアップで投球。初回は2死から近藤に四球を与えたが、中田を右飛に打ち取った。2回は2死満塁のピンチを招き、松本に押し出し四球を与えた。さらに大田に投手強襲適時打、近藤に右前適時打を許した。この試合では80~100球を予定している。

 松坂は15日のヤクルト戦(メットライフドーム)で3回無失点。登板後には「セットポジションの方がバランスが良かった。セットで投げてバランスを整えていくという考え方もある」と話していた。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング