西武山川すごすぎ“開幕”3連戦 10打席で凡退1度、本番だったら…

西日本スポーツ

 ◆練習試合 西武9-6日本ハム(22日、メットライフドーム)

 西武の4番山川穂高内野手(28)が日本ハムとの練習試合3連戦で圧巻の打撃成績を残した。

 20日は3打数3安打3打点。中犠飛の後、適時二塁打、左前打、左前打とパワフルに打ちまくった。21日は2打席2四球でお役御免。そして22日は4打数3安打3打点。中前適時打で滑り出し、その後も左越えソロ、中前適時打と止まらなかった。

 練習試合1号に「高めの球をしっかり強くたたけました。打った瞬間はどうかな…と思いましたが、スタンドまでいってくれて良かった」。3連戦しめて10打席で7打数6安打(1本塁打)6打点の固め打ちだった。

 凡退したのは3戦目の第2打席の二直だけ。それも中前に抜けそうな当たりが、ほぼ二塁ベース後方に二塁手を置く日本ハムのシフトにかかったものだった。新型コロナウイルス感染拡大の影響でプロ野球開幕が延期となる前、もともとは20日が開幕日。3年連続パ・リーグのキングを目指す男の調整は完璧だった。ファンの心残りは、これが公式戦はおろか、オープン戦の記録としても残らないことだろうか。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング