吉川元 史上2人目大会連覇 SGクラシック 【平和島】

西日本スポーツ

 平和島ボートのSG「第55回ボートレースクラシック」は22日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、ホーム8メートルのやや強い追い風の中、1号艇の吉川元浩(47)=兵庫=がインからコンマ09のSで逃げを決め、昨年のオールスター以来となるビッグ通算4回目の優勝。大会史上2人目の連覇を達成するとともに、賞金3900万円を獲得した。2着は3番から追い上げ2周1Mを先取りし踏ん張った吉川昭男、3着には坂口周が入った。

■ヒーロー

 目に見えない大きな力が後押しした。平和島が誇るスーパーエース13号機を手にしたその時から、吉川元の大会連覇への道は開かれていたのかもしれない。

 最高のリズムと集中力を最後まで保ち続けた。枠なりのインからレバーを当てた瞬間に「4日目から仕上がっていたし、エンジンには自信を持っていた」と、エース13号機が乗り手の呼び掛けに鋭く反応する。鎖を解き放った野獣のように、スリットとターン出口をぐいぐいと加速。後続を一気に突き放すワンマンショーだった。

 先月9日には、尼崎でのレース中に事故のため帰らぬ人となった「実の兄貴みたいな存在だった」松本勝也さんの訃報があった。「(今回)珍しくエース機を引いて、そのときから何かが後押ししてくれている感覚があったし、目に見えないパワーを感じていた。いい報告ができる。たぶん喜んでくれていると思う」と大粒の涙がほほを流れ落ち、勝利者インタビューの会見場は一瞬だけ静寂な空間に包まれた。

 西島義則(第32、33回)以来となる史上2人目のクラシック連覇を達成。優勝賞金3900万円を手にすることによって、もちろん獲得賞金ランキングはぶっちぎりの1位に躍り出た。「昨年はグランプリで結果を残せなかった。今年こそはグランプリを取れるように頑張っていく」。年末にここ平和島で行われる頂上決戦へ向けて、2020年も吉川元の快進撃は止まらない。 (石井誠司)

 ◆吉川元浩(よしかわ・もとひろ)1972年9月7日生まれの47歳。神戸市出身。兵庫工業高校卒業。選手養成79期生、兵庫支部所属。同期には沢大介、岩崎正哉、阿波勝哉、岡田憲行、山本寛久、中辻崇人らがいる。96年11月・尼崎でデビュー(1着)。99年・まるがめで初優勝。SG初出場は00年・ダービー(戸田)。07年・グランプリ(福岡)でSG初優勝。ほかクラシック(19、20年)、オールスター(19年)でSG4冠。G1 19Vを含む通算優勝は87回。164センチ、51キロ。血液型O。

■急きょ新ペラも坂口3着に健闘

 急きょ、新ペラへ交換になった坂口周が、大慌ての調整ながらSG初優出で銅メダルという健闘を見せた。「ボートを載せる台に引っかけてペラを壊してしまって…。自分のミスだが、こんなに悔やんだことはない」。7R後の出来事で、優勝戦の展示まで2時間程度しかなかったが、舟券に貢献できるレベルには整えた。「準優のままなら3カドのつもりだったが、枠なりに入って風のおかげでBSは2番手に浮上できた。ペラ交換がなければ気合が入り過ぎて失敗していたかもしれない。上出来」とアクシデントをプラスに捉え、「これでグラチャンに行ける。頑張ってきます」と視線を先に向けた。

【戦い終わって】

 吉川昭男(2着)元浩(吉川)に次ぐ足には仕上がっていたと思う。1Mはいいところをふさがれたが、(逆転で2番手浮上の)2周1Mはうまく回れた。

 柳沢 一(4着)準優からは足だけでなく乗り心地も良くなっていたので、もっと内のコースが取れていたら面白かったと思う。

 福来 剛(5着)初舞台でここまで戦えるとは。ただ優勝戦は回転が上がり過ぎで、(振り込んで)迷惑をかけてしまった。

 守田俊介(6着)締め込めるほどのS隊形ではなかった。(伸びに不安の素性だったが)直線は問題なく、普通の足だった。

PR

ボートレース アクセスランキング

PR

注目のテーマ