五輪は延期? 緊急アンケートで聞いてみた

西日本スポーツ

 西日本スポーツは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて東京五輪の開催についてツイッターを通じて緊急アンケートを行った。

 20日夕から23日朝まで実施。1522票が集まった。「予定通りに開催」「1年延期」「2年延期」「中止」の4項目の選択制にし、「1年延期」が最も多い46%。続いて「予定通りに開催」が23%を集めた。「中止」が17%、「2年延期」が14%。「1年」と「2年」を合わせた延期を支持する声は6割を占めた。国際オリンピック委員会(IOC)はこのアンケートが締め切られる直前に、延期を含めて検討すると発表している。

 延期論では1年や2年のほか、7月24日の開幕を数か月延期し、今秋開催の案も出ている。

 アンケートに寄せられたリプライでは「7月の開催は選手の調整が間に合わないので、延期の方がいいのでは『メディアファースト』のオリンピックになっているので『選手ファースト』に戻しましょう」「1年延期して、選考をしっかりした形でやるべき」という声や、「オリンピックのせいでまた日本で広まるかもしれない」と新型コロナウイルスの日本でのさらなる感染拡大を不安視し、2年延期を支持する意見もあった。

 また、「日本だけではなく五輪参加各国の英知を結集し、何とか開催を目指してほしい。ただ延期という選択肢は用意する必要がある」という意見もあった。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ