涙のセンバツ中止から12日 練習再開の創成館グラウンドに横断幕

西日本スポーツ

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった選抜高校野球大会に出場予定だった長崎・創成館が23日、長崎県諫早市の同校グラウンドで練習を再開した。

 11日に中止決定の知らせを受けて涙を流したグラウンドに84人の部員が戻り、春の空に元気な声が響いた。「甲子園の中止がいい経験だと思えるように、夏の甲子園を決めよう」と、練習前に全員を集めた稙田龍生監督が言葉をかけた。

 中止決定翌日の12日から練習は休止。寮も閉鎖され、全員が自宅に戻った。寮生が戻ったのは22日の夜。12日ぶりに練習を再開したグラウンドには、稙田監督らチームスタッフが作った「物語はここから始まる 最高の夏を全員で」と書かれた横断幕が掲げられていた。「野球ができるのが当たり前じゃないとみんな感じたと思う。この悔しさを忘れることなく、夏を目指してほしい」と稙田監督は選手の奮起に期待する。

 練習休止中はそれぞれで自主練習。この日はグラウンド整備、ランニングやベースランニングなど体を使うメニューからスタートした。「もうみんな夏へ気持ちを切り替えている。甲子園は夏しかない。普通以上の練習をやっていかなくてはいけないと思っています」と上原祐士主将(3年)らナインは気持ちも新たに夏へ再スタートを切った。(前田泰子)

PR

高校野球 アクセスランキング

PR

注目のテーマ