大阪移動中のソフトバンク勢は途中で折り返しも 練習試合休止で慌ただしい1日に

西日本スポーツ

 当初の開幕日だった20日から無観客で行っている練習試合の休止が決まった23日、福岡ソフトバンク勢は慌ただしい1日を過ごした。

 24日から京セラドーム大阪で組まれていたオリックスとの練習試合のため、23日は福岡から大阪へ新幹線で各自が移動する予定だった。ところが、同日の午後になって練習試合が休止となる可能性が高まったため、大阪への移動中止を決定。担当者は選手らへの電話連絡などに追われた。

 既に大阪に向けて出発していた選手やコーチもおり、吉鶴バッテリーコーチは「小倉まで行って折り返してきた」とJR博多駅で話した。

 森ヘッドコーチはペイペイドームでの先発投手中心の練習後にJR博多駅に移動したが、同ドームに慌ただしく戻る一幕もあった。

 練習試合はパ・リーグが24日、セ・リーグは27日から休止。再開はパ・リーグが4月10日、セ・リーグが同14日からで開幕へ向けて調整する。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ