西武松坂が実戦を離れ調整 西口コーチ「焦ってやる必要もない」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の松坂大輔投手(39)が「ミニキャンプ」を行うことが23日、決まった。22日の日本ハムとの練習試合(メットライフドーム)で復帰後最長の5回を投げ、4失点。一時的に実戦から離れ、先が見えないシーズン開幕に向けて準備する。

 84球の熱投から一夜明け、明るい表情でキャッチボールなどを行った。西口投手コーチと話し合い、今後の方針を確認。同コーチは「体の疲れ具合を見ながらになる。球数も投げられたし、詰めて投げても仕方ないし、焦ってやる必要もない」と説明。4月9日までの1軍練習試合の中止が決まり、2軍戦を活用する方法はあるが、登板間隔を空けることを決めた。

 22日の試合で松坂はノーワインドアップを試すなど試行錯誤。その意図について松坂は「バランスやタイミングが合わなかった。それを探すため」と話した。実戦から離れることで投げ込みも可能。「この時期しかできないこともある。その時間ができた。開幕まで(修正を)しながらいい内容、結果が出れば言うことはない」と前を向いた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング