ソフトバンク練習場所どうなる?ライブで本拠地使えない可能性も

西日本スポーツ

 プロ野球の開幕が最速でも4月24日まで延び当面の練習試合も休止とされたことで、関係者は慌ただしく調整に追われた。

 ソフトバンクは基本的にペイペイドームで練習する方針。ただし当初日程でチームが遠征中だった4月の週末は同球場でライブの予定が入っている。このうち第2週は予定通りならメットライフドームで西武と練習試合だが、第1週はペイペイドームが使用不可。今後ライブが中止となる可能性があるとはいえ、現時点では別の練習場所を確保する必要がある。

 このため、2軍戦が行われるメイン球場に加え主に3軍が使うサブ球場、屋内練習場を有するファーム本拠地の福岡・筑後を常時使えるように態勢を整えている。またチームのキャンプ地、宮崎市の生目の杜運動公園もメイン球場のアイビースタジアムを確保する方向で動いているという。

 開幕がさらに延びたことを受け、球団は公式サイトでチケット払い戻しに関する追加の詳細を発表。対象は5試合で、4月16日に北九州、18日に熊本、19日に鹿児島で予定していた試合も含まれている。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ