ソフトバンク和田 見えない開幕へ 独自の視点で調整

西日本スポーツ

 2度目の開幕延期を、ベテラン和田は冷静に捉えていた。今年でプロ通算18年目の左腕は投手練習後、「調整は難しくなるけど、こればかりは仕方がない。開幕を逆算して、そこに100パーセントで合わせるというよりも、シーズンを戦いながら100パーセントに近づけていくやり方がいいのかもしれない」と独自の視点で先を見据えた。

 キャンプから順調な調整を続け、3年ぶりに開幕ローテ入りを果たしたが「開幕はさらに延びるかもしれない。選手から(コロナウイルスへの)感染者が出ないとも限らない。大事なのはいつ開幕を迎えてもいいように、体調管理だけは万全にしておくこと」と話していた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ