休止期間も合意のもと練習試合OK ソフトバンクGM「要望出れば対応」

西日本スポーツ

 ソフトバンクの三笠ゼネラルマネジャー(GM)は24日、今後の調整について現場の意見を尊重する方針を示した。

 パ・リーグは4月9日まで練習試合が休止となったが、例えば本拠地が近い広島など、リーグを問わず球団同士の合意があれば練習試合を組むことが可能という。「これからについては監督やコーチにお任せする。対外試合の要望が出てくれば対応していきたい。今まで以上にコミュニケーションを良くしてやっていく」などと話した。

 また、3月23日の新型コロナウイルス対策連絡会議で専門家から提言された試合開催時に密集を避けるための入場制限について、球団の担当者は「専門家の助言をもらいながら、検討している」とした。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ