西武広がるフレンズの輪、地元の協力自治体50到達

西日本スポーツ

 西武が24日、埼玉県小川町、越生町と「L-FRIENDS(エルフレンズ)」活動の一環である「連携協力に関する基本協定」を締結した。2015年3月に県内の自治体と締結を開始し、これで50市町目となった。

 この活動は球団と自治体が、それぞれの資源を有効に活用し、協働して事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展や住民福祉の向上などに貢献することを目的としている。

 越生町で50番目のフレンドリーシティが誕生したことにちなみ、背番号50の4年目右腕・中塚が球団を通じコメントを発表。「越生町が僕の背番号と同じ50番目のフレンドリーシティになると聞いて縁を感じます。今回の締結を機に、僕のことを覚えていただけたらうれしいです。越生町の皆さまに、一軍で活躍する姿を早く見せることができるように頑張ります。ぜひメットライフドームに足を運んでいただき、応援をよろしくお願いします」と呼びかけた。

 西武OBでライオンズアカデミーのコーチを務める石井丈裕氏、星野智樹氏もコメント。石井丈氏は「親子キャッチボールなどのスポーツイベントは、僕らも原点に帰れる場所です。野球を通じて、子どもたちの健全な成長に寄与できればと思います」と、また星野氏は「繰り返しの練習が多いのが野球ですが、経験を積むことで、成長につながっていくと思います。皆さんと一緒に楽しく野球ができる環境づくりを応援していきます」と談話を発表した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング