橋本五輪相が首相発言明かす、2年延期の選択肢は否定 会見全文

西日本スポーツ

 橋本聖子五輪相は24日、安倍晋三首相や大会組織委員会の森喜朗会長とともに、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長との電話会談に同席した。

 会談後に会見し、報道陣の取材に以下のように話した。

-電話会談の内容と、それをどう受け止めたか

 私も同席をさせていただきました、安倍総理、そしてバッハ会長の電話会談の中で、新型コロナウイルスの世界各国の状況を鑑みれば、1年程度の延期を総理は提案されました。

 その中でさまざまな話がありましたけど、バッハ会長からはそういった提案に百パーセント合意をするということで一致をみたところであります。遅くても2021年の夏までには、2021年の夏を越えない中で延期をすると。そして引き続きしっかり連携をして、東京大会の成功に向けて、全力で取り組んでいくという話を(バッハ)会長からもいただいたということで。

 中止ではなく、そして世界がこのコロナウイルスに打ち勝つということの象徴として、東京大会を一致結束して、成功に向けて努力していくんだということが、安倍総理とバッハ会長、森会長、小池知事の同席の中で、会談が行われたということは、非常に前進したということでありますので。

 この結果を受け止めて、まずはアスリートの、本当に心配をされている、それぞれ各国、日本の選手、そして現場の関係者の方々がしっかりとこれから1年、延期ということがまずは決定したということに安心されたのではないかなと思っています。

 全く分からない状況の中で、最高のパフォーマンスをしていく準備に取り組んでいくには、相当な不安、あるいは困難に直面していたと思いますので、まずはだいたいの時期が今、決定したということに対しては、本当にありがたいなと感じました。

-さまざまな検討課題がある。現状では

 今後はこの延期ということになりますと、たとえば会場の問題ですとか、あるいは経費の問題ですとか、本当にたくさんのことを同時にやっていかなければいけないということになりますので、それぞれやはり、IOC、組織委員会、そして東京都と、連携をしながら、政府として取り組むべき課題にしっかりとサポートさせていただきたいと思っております。

-今後延期に伴う費用について国で負担する考えは

 いえ、まだですね、実際にどれだけのものがかかるかということも含めまして、今後は組織委員会、そして東京都との間でしっかりと精査をされていくということになりますので。それが決定してからでなければ、状況はまだ分かりませんので、今後になると思います。

-会場のメドは

 これも、これから、この4週間という中で、IOCで、どこまで細かいことが決まっていくかということもなるかとは思いますけども、その中で、決定されていく事項の中で、少しずつといいますか、大体どのぐらいかということが今後、精査されていくんだろうとは思っていますので、それを注視していきたいと思っています。

-アスリートにとっては代表選考のやり直しを考えると、1年なのか、それより短いのかが重要だが、決まったのは1年延期か、それより短い可能性もあるのか

 総理からおおむね1年延期という提案に対して、バッハ会長は100%賛同というお話でありましたので、まさにおおむね1年ではないかなと思っております。まずは細かな日程というのは、これからIOCの中で決定されていくことだと思いますけども、今まだいろいろなこの状況の中で、予選会、選考会、これが延期や中止ということで、まだまだ決定をされていない競技、種目がありますので。

 あるいは決定をされているところに関しても、この延期ということの大体の期間が理解をしていただいていく中で、それぞれの連盟がですね、どのように変えていくのか、あるいはそのままなのかということが、これからそれぞれ話し合われるんだと思っております。

 私も元アスリートという立場で、そういったことも含めて選手が、延期ということで決まったことに対しては、次のメドがついたということで、安堵(あんど)されている状況に少しはなったかなと思うんですけども、次の課題というものがすぐに出てきますので、その一つ一つの出てくる課題に対して、しっかりと寄り添っていく必要があるなと思いました。

 JOC、山下会長とも日々しっかりと連携を取らせていただいておりますし。また団長も務められます、河合パラリンピック委員会委員長ともしっかりと連携を取らせていただいていまして、そういったことも今後、組織委員会、東京都との連携がありますけども、やはり主役となるのは、アスリート、競技関係者ですので、そういった現場のアスリートや競技関係者が不安にならないように、これから総合対策推進チームをさらに展開をして、しっかりとした対応をきめ細かく、やっていきたいと思っております。

-会談の中でバッハ会長から予選のやり方や代表選考の見直しへの言及はあったか

 いえ、全くありませんでした。まずは早い段階で、4週間の中で決めていかなければならないことがらがたくさんあるので。まずはその4週間という期間の中で今後、決定されていくことが、これからたくさんあるという風には思うんですけども。

 ただやはり、一番早い段階で決定していただきたいと思っていることが、まさに今日の、いつぐらいに開催をされるんだろうかということであったと思いますので、それだけはやはり、早くに、決定をすべきだということが、安倍総理と、バッハ会長の中で一致を見たということは、私にとっては本当にありがたいことだなと感じました。

-4週間以内に開幕の日付も確定するか

 今後、細かい日程のことについては、だいたいの日程というのは、1年以内の中で開催されるということは決まりましたけれども、今後IOCやあるいは組織委員会、東京都の中で細かく決定していくのは、4週間の中では、全てが整うかというと、なかなか難しいところあるんではないかなという感じは受け取れました。

-聖火は予定通り3月26日にスタートするか

 3月26日にグランドスタートを迎える、Jヴィレッジでのスタートですけれども、それは今回、1年以内の延期ということが明確になりましたので、組織委員会からは、行われないことになったと承知してます。

-1年程度の延期。再延期はないことは確認されたか、話題になったか

 2021年の夏までに開催をするというこいとが合意としてありました。また電話会談の中での総理の発言の中には、2年後、2022年がベストだと考えられる方もいるかもしれないけど、2022年にまでなってしまうと、もはや2020年の東京大会ということではなくなるということもおっしゃっていましたので。そういうことも2021年夏以内に開催をするということがバッハ会長の中でも同じ考えであったなと私は理解しました。

-札幌に移ったマラソン、競歩が東京に戻る可能性は

 本日の会談ではそういった細かいところまでは一つも話はありませんでした。ほかの競技の状況においても、踏み込んだ話というのは全くなく、延期というものに対しての合意でありました。

 今後はやはり、組織委員会、IOC、東京都の間で細かいスケジュール等が決められていくものだと思っておりますので。現段階では変更になるですとか、そういったということは考えられないんではないかなと思います。

-来年の開催では同時期に別のスポーツ大会も。今回の会談でそういう話はあったか

 ございませんでした。今後は、まずは日程というものを延期する、しないということ、そして大体の次の、延期した場合の開催日程の大枠を合意したということでありますので、今後細かな調整については、今後IOC、組織委員会、東京都の方で行われていくと思います。

-今年の開催も、来年の春開催もない?

 そうですね、今年の開催はありません。来年の開催ということで。1年程度ということの提案に対して百パーセントの合意ということでありましたので、大体、夏ぐらいではないかという状況かなと私は受け止めました。そのことについても今後、話し合われます。

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング