五輪延期で侍戦士 西武外崎「中止にならなくて良かった」

西日本スポーツ

 東京五輪の1年程度の延期が決まり、西武の源田壮亮内野手(27)と外崎修汰内野手(27)が25日、メットライフドームで取材に応じた。

 ともに昨秋の国際大会「プレミア12」で世界一に貢献し、東京五輪の有力候補に挙がっている。

 源田は「シーズンでしっかりした成績を残さないと選ばれない。日程は変わったけど、シーズンに集中して、結果を出せるように頑張りたい」と話した。

 球界屈指のユーティリィティープレーヤーとして評価の高い外崎は「今年は五輪があるので自分自身も例年以上に気持ちも入っていた。しっかり受け止めて、今年のシーズンを頑張って、来年選んでいただけるように結果を出すだけ。中止にならなくて良かったと感じている」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ