練習試合も休止の副産物 西武源田が外崎がホームで意外な発見

西日本スポーツ

 西武は25日、メットライフドームで全体練習を行った。当初はロッテとの練習試合(ZOZOマリン)が予定されていたが、開幕延期に伴い中止となり、本拠地メットライフドームでの調整を続けている。

 24日の観客席の階段ダッシュに続き、ユニークな練習メニューも行われた。この日は野手陣が普段は熱烈な獅子党が陣取る左翼芝生席に集まり、坂道を猛ダッシュ。普段は見られない光景が繰り広げられた。主将の源田は「意外と(グラウンド内の選手が)近くに見えるんだなと思った。無観客の試合はずっと寂しいなと思いながらやっていた」と話した。

 外崎は「意外と急な坂だった。ここにたくさんのお客さんが入るんだなと。すごく見やすいし、いい球場。無観客の時はタイムリーを打ってもファンの声援がなく、いまひとつ実感もなく、盛り上がれなかった。あらためてファンの声援の大きさを知った」と話した。

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ