山下JOC会長、金メダル30個の目標は「変える理由ない」

西日本スポーツ 伊藤 瀬里加

 日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(62)は25日、東京都内で報道陣の取材に応じ、東京五輪・パラリンピックの1年程度の延期決定について「予想より早く方向性が定まった。アスリートの安全を第一に考えた苦渋の決断」と心境を語った。

 代表選考に関しては競技団体の判断を尊重する意向を示した。今後、代表選考を白紙に戻す競技団体があれば“幻の代表”が出る可能性もある。山下会長は日本のボイコットで1980年モスクワ五輪出場が消えた自身の経験も踏まえ、選手には「幻に終わるケースがあるもしれない。あきらめず、もう一回、自分自身を奮い立たせて、気持ちを若々しく持って、来年に向けてチャレンジしてほしい」と呼び掛けた。

 五輪史上初となる異例の事態に直面したが金メダル30個の目標は「変える理由はないと思う」と述べた。今後は各競技団体などと連携しながら、さまざまな問題と向き合っていく。「みんなで心合わせて、力合わせて、多くの協力を得ながら、一緒になって尽力していけたら」と力を込めた。 (伊藤瀬里加)

PR

スポーツ アクセスランキング

PR

注目のテーマ