五輪延期に柔道・大野「ひたむきに稽古」永瀬「目標変わりない」

西日本スポーツ

 柔道男子で2大会連続の五輪出場の代表を決めている旭化成の2人はマネジメント会社を通してコメントを出し、1年程度延期の決定にも前を向いた。

 五輪連覇が懸かる73キロ級の大野将平は「いつの開催になろうと、決められた試合日に向け最高のパフォーマンスができるように覚悟を持って準備をするだけ」と冷静に受け止める。五輪代表の資格が1年後も維持されるか不透明だが「自分でコントロールできないことにエネルギーを注ぐよりも、今できる稽古をひたむきに行い、体調管理を徹底するしかない」と強調した。81キロ級でリオ五輪銅メダルの永瀬貴規(長崎市出身)も「延期になっても、自分の志す目標に変わりはない」と動じない心を示した。

PR

柔道 アクセスランキング

PR

注目のテーマ