西武松坂が五輪延期に持論「野球は大丈夫かな」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の松坂大輔投手(39)が25日、プロ野球の開幕延期に複雑な心境を明かした。4月24日の開幕を目指すことが示されたことを受け「見えてきたと判断していいのか。選手は言われたところに合わせていくだけだけど。みんなが安心してプレー、観戦できる状況ならいい」と言葉を選びながら説明した。

 新型コロナウイルス感染拡大の終息は見えない中で“道筋”は示された。「今のところそうなら(あと)1カ月ある。気持ちを保つのは難しい。今から開幕のつもりでやったら疲れてしまう。もう一回気持ちを上げていくのは、もう少し後」と精神面の管理を強調。一方で肉体面について「投手の方が難しい感覚はある。ゲームで投げながら状態を上げていけるように」と話した。首脳陣からは登板間隔を空けることも提案されたが、メットライフドームに会場が変更された29日のロッテとの2軍練習試合で先発し、短いイニングを投げる予定だ。

 また2度の出場経験がある五輪の延期についても言及。「野球はあまり関係ないのかな。レギュラーシーズンを戦いながらやっていく。他の競技は五輪にピークを持っていくけど(野球選手は)五輪だけに合わせることはしない。野球は大丈夫かな」と持論を述べた。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ