西武今井に厳しい評価 西口コーチ「1軍で投げさせる魅力はない」

西日本スポーツ 小畑 大悟

 西武の今井達也投手(21)が26日、逆転での開幕ローテ入りを誓った。昨季ほぼ1年間ローテを守り、7勝を挙げたが、今季はオープン戦から1軍での登板はなくかなり出遅れている。「結果も内容ももっといいものにしていかないと」と力を込めた。

 25日は日本ハムとの2軍練習試合(鎌ケ谷)に先発し、4回1安打1失点。ただ、初回に連続四球から清宮に適時打を浴びた。「(課題は)立ち上がり。四球からピンチで変化球が浮いてしまった」と反省。配信映像を見ていた西口投手コーチは「制球が安定していない。1軍で投げさせる魅力はない」と厳しい。

 現在は右足にしっかり体重を乗せる新フォームを模索中。今井は「キャッチボールではできていても(傾斜で)投げ急いだり打者が立つと力が入ったりしている」と自己分析する。今後は投げ込みなどでフォームを固め、1軍レベルの練習試合での登板を目指す。

 先発ローテはニール、高橋光、松本は確定。残る3枠を松坂、本田、与座らと争う。西口コーチは「(今井は)まだ1軍で投げていないからね」と劣勢。開幕延期で生まれた“ロスタイム”を生かし、先発ローテをつかみ取る。 (小畑大悟)

PR

埼玉西武ライオンズ アクセスランキング

PR

注目のテーマ