コスプレ経験告白「アニメでつながるの楽しい」 HKT田島「店長」熱弁

西日本新聞 古川 泰裕

 HKT48の田島芽瑠(20)が27日、福岡市・天神の福岡パルコ本館8階に開業するアニメグッズ専門店「アニメイト福岡パルコ」の内覧会にアンバサダーとして登場した。プライベートでコスプレも楽しんでいるという田島。「店長」と書かれたサンバイザーと従業員のエプロンを身に着け、28日オープンの新店舗の魅力をアピールし、好きなアニメ作品への思いを語った。20分にわたった報道陣との激アツトークをたっぷり再現しちゃいます。(構成・古川泰裕)

初体験は「賭ケグルイ」

 -最近はどんなコミックを読んでいる?

 「もっぱら『鬼滅の刃』にはまっています。コミックは全巻そろえていて、(週刊少年ジャンプ)本誌も読んでいます」

 -コミックを読むようになったきっかけの作品は?

 「小学生の頃なので、どれだったかは忘れてしまったんですけど…。少年漫画の方が好きかもしれないです。少女漫画だと最近は『ハニーレモンソーダ』とかよく読んでいます」

 -『賭ケグルイ』も読んでいるとか

 「アニメにはまったきっかけの作品。コスプレを初めてしたのも『賭ケグルイ』なので、思い出深い」

 -コスプレもするの?

 「最近は『鬼滅の刃』の『胡蝶しのぶ』さんをやらせてもらいました。『宅コス』という、自宅だけでするコスプレだったので外で撮影はしませんでした。『賭ケグルイ』は生徒会長をやったんですけど、その時は外でカメラが趣味の友達に撮ってもらってけっこう本格的でした。すごく楽しかったのでまたやりたい。男装がすごくしてみたくて。とにかくかっこいいので『鬼滅の刃』の『冨岡義勇』になりたい。実は(武器の)『日輪刀』まで、一式そろっている状態です。早いうちに実現できればな、と思います」

 -最近見たアニメは?

 「『鬼滅の刃』はもちろんなんですけど、このクールは『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』と『推しが武道館いってくれたら死ぬ』を見ていました。今年の夏は『ひぐらしのなく頃に』だったりとか『Re:ゼロから始める異世界生活』も2期が決定していたりとか、楽しい情報がたくさんある。『約束のネバーランド』も早く2期をやってほしいなと思いつつ待っています。早く映画の『鬼滅の刃』も公開してほしい。(おしゃべりが)止まらないですね」

 -原作から入るの? アニメから入るの?

 「半々くらい。原作がやっとアニメ化されてわくわくする自分がいたり、アニメを見て好きになって作品をもっと知るために原作を読んだり。二通りの楽しみ方ができるので、私はどっちも好きです」

アニメについて熱弁する田島芽瑠

 

「鬼滅の刃」コーナー「行きたくてうずうず」

 -アニメイトに来たことは

 「もちろんあります。天神ビブレに行っていました。コスプレ用のカラーコンタクトを買いに行ったのがきっかけでした。こんなにたくさんのグッズが置いてあるんだって品ぞろえにびっくりしたのを覚えています。コスプレ大好きな人間としては、すごくありがたいです。女性のお客さんもすごく多い。年齢を問わないし、海外の人もいたので、アニメってやっぱりすごいんだなって、あらためて感じました」

 -店内のどこを最初に見る?

 「そうですね~、とりあえず自分がハマっているキャラクターグッズのところに行きますね。今だと『鬼滅の刃』のところに行っちゃうかも。ビブレさんの時は『鬼滅-』のグッズはほとんど売り切れだったんですけど、新店舗では香水とかも在庫があって、うれしかったです」

 -新店舗の印象は

 「店内がすごく明るい。あと、どの棚も見やすくなっている。どこから見ても『ここにこの商品があるんだ』っていうのが見やすいですし、棚も高くなくて女性目線でも見やすい。自分の『推し』がどこにいるか探しやすいのは、すごくいいなと。ビブレでは2カ所に分かれていたけど、パルコではコミックもCDもキャラクターグッズも全部1カ所にぎゅっとなっているので、探しやすいなと思いました。『鬼滅の刃』のコーナーが本当に広くて、今すぐ行きたくてうずうずしています(笑)」

PR

HKT48 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング