ソフトバンク東浜「練習できていることに感謝」外野手9人守る中で登板

西日本スポーツ

 開幕投手に指名されているソフトバンク東浜が2週間ぶりの“実戦マウンド”に上がった。

 外野手が9人いるなど打撃練習に近い形で高田と甲斐に対し計10打席、34球を投じ安打性は6本だった。13日の広島とのオープン戦以来となる打者との対戦に「普通に投げられた。(開幕目標日の)4月24日まで1カ月近くある。やることをやっていきたい。練習できていることに感謝しないと」と話した。

 阪神3選手の新型コロナウイルス感染が確認されたことについては「誰でもなる可能性がある」と気を引き締めていた。

PR

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング

PR

注目のテーマ