毘沙門天賞は郡司が1着 ウィナーズカップ 【福井】

西日本スポーツ

 福井競輪のG2「第4回ウィナーズカップ」は27日、小雨が降り続く中で2日目を行った。メインは12Rの毘沙門天賞。レースは抑え先行を狙った岩本俊介-郡司浩平-松坂洋平の南関3車を、4番手から清水裕友-原田研太朗の中四国勢が鐘3角から巻き返して終1角で叩いたが、原田後位にスイッチした郡司が2角捲りで乗り越えて1着。松坂が2着。松坂後位に入った佐藤慎太郎が3着。6~11Rでは2予が行われ、松浦悠士、松井宏佑らが勝利。2予3着までは、毘沙門天賞出走の9人とともに準決へ進んだ。28日は準決3番を行い、決勝進出者が決まる。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング