石井洋輝が前回小倉のリベンジだ ミッドナイトF2 【小倉】

西日本スポーツ

 小倉競輪のF2ミッドナイト(A級3班戦、7レース制)が29日に開幕する。今節は115期の6人がV争いを演じる3日間。その中でも注目は最高の78・96点を持つ石井洋輝(福島)だ。当地は今年1月に特別昇班を懸けて参戦したが、ハイペース先行で後半失速。伏兵・石貞有基(兵庫)から捲られて2着に敗れた。初日7Rは強力な同型がいない。今度こそ逃げ切って汚名返上を果たす。

小倉競輪ミッドナイト2020329出走表

 

<各レースの見どころ>

(1R)地元・九州地区ということで捲りの山口に期待したが、ペースで踏める幸田の押し切り十分。
【3連単】2=7―14。


(2R)予選では安定した力を発揮する中里が、来期に向けて点数を上げておきたい秋永のために逃走。
【3連単】7=1―345。


(3R)予選4連勝中の池川が切れることがない太田とワンツーゴールだ。3着争いはやや持ち直した三浦がリード。
【3連単】1―7―245。


(4R)前回準決で落車失格した天野。幸いにもケガは軽そうで、いかんなく先行パワーを発揮する。番手の西島は踏み出しに集中。
【3連単】7―1―256。


(5R)今年に入って急成長の井坂が、同じ大阪の河元を連れて行く。ただし、自在タイプ桜井の飛び付きには細心の注意を。
【3連単】7―1―24。河元が番手を奪われると7―2―345。


(6R)9連続優出中の山本が予選10連勝を狙う。鰐淵は落車後だが追走に手間取ることはない。
【3連単】1―7―345。


(7R)1月当地に登場した石井は、初日2着に敗れて特班に失敗。今回はそのリベンジだ。阿部が自慢の堅実マークぶりで2着に流れ込む。
【3連単】7―1―234。

PR

競輪 アクセスランキング

PR

注目のテーマ

福岡ソフトバンクホークス アクセスランキング